おにいさんの戯言

偏差値40からのブログ生活

プロ野球、安打数より打率を...

もっと評価してあげて欲しいなと常々思っています。

 

もちろん安打数が多いって凄いけど、野球というスポーツの性質上、打順が前ならその分打席が回ってくるわけで。公平に評価するならやっぱり打率の方でしょ〜。と私は思うのです。古い考えなのかもしれないけれど。

 

昭和の終わりに生まれた私は、物心ついた時には既に最多安打が個人記録として表彰されておりました。ただ、それでも子どもの頃、より評価されていたのは首位打者だったと思うんですけどね。

イチローさんも、NPB最多安打記録の際にフィーバーしましたけど、それ以上に毎年首位打者を獲得していることが凄さの象徴だったはずでね。最多安打記録より、夢の4割を期待されていたりで。

 

変わったのは、彼がメジャーに行ってからでしょうね。

 

連続首位打者記録が途絶えた時に、メディアがとびついたのが200安打という記録でした。以来、首位打者を獲得することより、ましてや試合の勝敗より、安打数ばかりが取り上げられるようになりました。酷い時はチャンスでの凡退は無視し、内野安打一本で「イチロー選手の活躍虚しくチームは敗れました」な報道がされていて、なんだかなぁと感じたものです。

 

安打を放つ。それは凄いことなので、批判したいわけではありません。ですが、今はあまりにも打率を軽視し過ぎな気がするんですよ。

 

例えば今年の新人王候補である、中日の京田選手。

近年野手の新人王がほとんどいないことを考えても、新人でしかもショートで試合に出続けているのは凄いです。安打数も球団新人記録に並びましたし、歴代でもトップクラスです。対抗馬に横浜の濱口選手がいるけれども、内容を見ても新人王は当確でしょう。

 

しかし、あと何本で長嶋茂雄さんを超える!歴代何位!みたいな扱い方を見ると、それはどうかと思います。

 

もちろん数字の上ではその通りなのですが、長嶋さんは130試合での記録ですし、さらにそれは先頭打者としての記録ではなく、中軸を打ってのものです。

しかも京田選手の打率が現時点で.270程なのに対し、長嶋さんは3割を超えています。

そして何より、この年の長嶋さんは本塁打と打点の二冠王であり、打率はリーグ2位。153安打はリーグトップです。

 

対して京田選手の打率順位はリーグ18位です。安打数だけ取り上げて長嶋超え!と評価する風潮はいかがなものかと感じます。

 

先日、私の大好きな阪神鳥谷選手が2000本安打を達成しました。この2000本という記録も、正直ピンと来ません。そこに到達するまで現役で活躍してきたことが凄いなと思う感じで、打者として評価する数値としては、私の場合はやはり通算打率ですね。

 

通算打率の歴代上位者を見ると、2000本には達していないけれども巧打者として記憶に残っている選手が大勢います。

 

巨人で活躍した篠塚さん。首位打者を二回獲得し、18年プレーした篠塚さんも、2000本安打は達成できませんでした。しかし、通算打率は.304。5000打数以上の打者の中では歴代8位の素晴らしい実績でした。でもおそらくあまり知られていない。

 

また横浜マシンガン打線を支えた鈴木尚典さんも、1500安打未達ながら4000打数以上の通算打率で歴代15位というヒットメーカーでした。

現役で鈴木尚さん以上の率を誇る選手はソフトバンクの内川選手だけです。

 

さらにオリックス、巨人で活躍した谷佳知さんは、2000本安打も主要3部門の個人タイトルもありませんでしたが、6000打数以上の打者の中では史上15位という素晴らしい打撃成績を残しています。

ちなみに6000打数以上の打者は史上85人いて、その中での15位という成績です。

 

キャリアを通じて安定した成績を残しながらも、2000本という数字に達しなかったからといって何だか過小評価されてしまうのは残念です。

 

安打数ばかりでなく、こうした記録もたまに思い出していただき、話題になるといいなぁと思います。 

吉田麻也の「サウジおめでとう」はどこがいけないのか

軽く炎上したとか。

 

客観的に見て、不適切な発言であることは間違いないですけどね。

吉田選手を称える意見の中には「オーストラリアの監督も言ってたでしょ」といったものもありますが、これは頓珍漢です。だって、立場が違いますからね。

 

これがドーハの悲劇の際や、ジョホールバルで負けた際に「イラクおめでとう」「イランおめでとう」と言うのなら、スポーツマンシップ素晴らしいなと感じますよ。でも、今回のサウジ戦は全くの別物です。何しろ、日本はワールドカップ予選としては負けていないのですから。

 

もちろん、その試合には負けましたよ。

でも日本に限らず、サウジもオーストラリアもその試合の勝ち負けではなくワールドカップ出場を賭けて戦ってきたわけです。日本はサウジ戦前に出場を決めており、この試合は消化試合でした。一方でオーストラリアは日本に勝って欲しかった。

日本が負けたことで、サウジはワールドカップ出場を手にし、オーストラリアは失いました。その背景を考えれば、日本人がこの試合後にサウジを祝う行為はオーストラリアへの配慮を欠いており、スポーツマンシップに欠ける行為と言えます。

 

しかも最終節は同時キックオフではありませんでしたからね。日本とサウジ、オーストラリアの関係からして八百長などは考えられないですけど、場合によっては最近流行りの忖度といいますか、サウジに出場させてあげよう!という行為を疑われてもおかしくはないわけです。

 

立場を変えて考えてみればいい。今回の日本の立場に韓国、サウジが北朝鮮、オーストラリアが日本だったとして、最後韓国が北朝鮮に負けたことにより北朝鮮がワールドカップ出場権を得て、日本は敗退したとします。その直後に、韓国代表選手が「北朝鮮おめでとう!」と発言したら、日本人は絶対に怒るでしょう。八百長だなんだと騒ぎ立てるのは目に見えています。

 

要するに、吉田選手の発言とはそういう類のものであるということです。自分たちのことだけ話すべきでした。

 

ただ、そうした理由で吉田選手を批判しているものは、ほぼないですね。上から目線がどうだの、負けたことを反省しろだの、そんな感じのものばかりです。

いや、批判するのであればそういう問題ではないでしょ、批判者には言いたい。

 

リスペクト云々といった擁護論は、上記の通りで論外ですけど。

 

で、結論。

今回の発言に怒るとしたらオーストラリア人であって、そうした声が高まっているわけでもないのに日本人が吉田選手を叩く理由はないでしょう。

お疲れ様でした。

 

 

山中慎介陥落に思う。。

WBC世界バンタム級王者、山中慎介選手がTKOで敗れ陥落した。

 

、、、なんでダウンしなかったの??(´;ω;`)

 

これ、日本人選手の試合でよく感じる部分なんだけど、何故取り返しのつかないダメージを負う前にダウンして休まないのだろう。

 

中南米の選手は、え?今ので倒れちゃうの?と思うくらい軽いパンチで倒れることがある。あれは連打にさらされるくらいなら倒れて追撃を回避しようという意図があるのではないか。

 

この日の山中には、それをやって欲しかった。試合中、何度ダウンして!と叫んだことか。。

 

ダウンしたところで、採点上はマイナス1ポイントなのだ。ダウンしなくても9-10になるラウンドが8-10になるだけなのである。山中のようにパンチのある選手は、致命傷を回避し後のラウンドに繋げるという戦略をとるべきだった。

 

今のボクシングは早めのストップが奨励されたり、スタンディングダウンを取らないことがほとんどだ。つまり、連打を浴びて我慢してこらえるメリットはない。WBCはフリーノックダウン制なのだから尚更だ。

 

最近の日本ボクシング界はフィジカルトレーニングが普及し20年前とは比べ物にならない程選手の力は向上していると思う。だが、ポイントの計算だったり試合を通した戦略、戦術といった点では非常に遅れていると思う。

 

米国のように負けてもまたビッグマッチが組めたりする選手は少ない。陥落したら引退する選手が多い。

で、あればこそ、選手はもちろんセコンドは負けないための戦略、戦略眼をもっと養ってもらいたい。

 

作戦次第ではまだまだやれた試合を落として、魅力的なボクサーがリングを去っていくのはボクシングファンとしては非常に残念でならない。

豊田真由子議員の騒動で一番注視すべき点は?

そりゃ豊田氏の肉声テープでの発狂っぷりは異常で、あんな奴が議員だなんて勘弁していただきたいし、暴行云々の件が事実なら法的な問題でもある。

 

ただ、一人の社会人として言わせてもらえば、超低レベルかつ重大なミスをした人間が、怒られた後再発防止につとめるわけでなく次怒られる時を想定し録音機械を忍ばせ、その録音をメディアに流すという一連の行為はクソだと思うね。

 

というのも、今回は宛名を間違えられた支援者がクレームを入れていないから良かったものの、これ個人情報流出問題ですからね。

東京新聞:豊田氏秘書への暴言きっかけ カード受け取った男性「まさか、こんなことで」:埼玉(TOKYO Web)

一般企業で同じ事が起きたら、対象者が一人ふたりのレベルでも上層部の謝罪が必要になるような案件だ。ハゲ〜!ボコボコで済むような話ではないのである。むしろそれで済めばミスした本人も救われるほどだ。

 

特に政治家から支援者へのカードとなると、それを見た人は「あ、あそこの○○さんは誰の支持者なのか」と容易に分かってしまう。住所や氏名、電話番号だけでなく政治信条まで流出するわけであり、間違えられた側からすれば大問題だ。仮に私の家族が創価学会員や幸福の科学の信者だとして、それ系の葉書が別の家に届けられた場合、学会員でない私まで「あの家族は創価」というレッテルを貼られるかもしれない。そんな自体になったらミスした秘書のクビ一つでは済まさない。

実際、似たようなケースでは、被害者に該当する人間が企業に対して”たかる”ケースもある。いや、ほとんどがそうだろう。

 

この元秘書が何歳でどれだけの社会経験があるのか知らないが、4月に入って二ヵ月やそこらで辞める時点で程度が知れているし、普通に辞めるのではなく跡を濁すやり口も社会人としては終わっている。初めから刑事事件にするならまだわかるけど、そうでない以上順序も違う。私が人事担当者なら絶対に採用しないだろう。

 

奇しくも直近、メルカリの情報漏洩が発覚した。日本国民は携帯の電話帳移行すら他人にお願いするレベルのくせに、個人情報保護には非常にうるさい。にも関わらず、本件に関しては個人情報を流出させた秘書を批判することなく、ヒステリックなおばさんばかり批判するのは一体どういう神経なのだろうかと実に不思議である。

 

リンク記事に書かれている内容通りだとすれば、誤って送ったにも関わらず謝罪の連絡すらしていない豊田真由子議員と事務所スタッフ全体も、イかれていると思うけどね。

 

村田諒太、世界初挑戦は疑惑の判定負け

私の採点はこちら。

 

エンダム10-9村田

エンダム10-9村田

エンダム10-9村田

エンダム8-10村田

4ラウンドまでエンダムの38-37

 

エンダム9-10村田

エンダム9-10村田

エンダム9-10村田

エンダム9-10村田

8ラウンドまでエンダムの74-77

 

エンダム9-10村田

エンダム9-10村田

エンダム9-10村田

エンダム9-10村田

12ラウンド終了110-117

 

結果を知ってから録画観戦となったのだが、報道やネットの反応を見る限り、よくある日本人の負けパターンだったのかなと思っていた。

つまり前進はするがパンチが打てず、距離が詰まるとクリンチされ、離れてまた追う途中にガードの上からパンチを当てられそのまま、というような試合だ。

 

序盤はまさにそんな展開だった。エンダムにも有効打はほとんどないが、村田はそれ以上に手数が少ない。村田に振れる要素が少なすぎて、振り分けるならエンダムというラウンドが続いた。

 

分岐点は4ラウンドだろう。ダウンを奪って以降、村田の圧力はさらに増し、エンダムは完全に逃げのボクシングだった。放つパンチは煙幕のようなもので、村田は冷静にブロックあるいはパーリングで外し、自分の距離になるとしっかりと打てていた。

右ストレートばかり、それもストレートで終わってしまうのは見栄えはよくないが、いわゆるリングジェネラルシップは村田に軍配が上がるはずだ。手数も極端に少ないわけでもない。

 

特筆すべきは、試合を通じてクリンチの回数が少なかったことだ。相手としては足を使ってとりあえずパンチを先に置き、詰められそうになったらクリンチで流れを切りたかっただろう。自分以上に村田は何もできていないでしょう?とジャッジにアピールしたかったはずだ。だが村田は懐に入り過ぎず、中間距離でパンチを打てた。自分のやるべきことは全てやれたのではないか。

 

それだけに採点結果は実に不可解である。二つほど振り分けに迷ったラウンドがあるが、それでも112-115で村田だと思う。

 

ボクシングの採点基準は難しく、正直各々の主観に左右されやすい。また実際の採点は三方向からの視点でなされるので、バラつきがでるのは本来当然とも言える。

 

ただ今回の試合に限っては、村田にいじわるな目線で見たとしても明白に村田の勝ちだろう。

 

WBA会長のメンドサJr.も村田勝利と見ていたそうで、陣営の動き次第で再戦や再挑戦もあるかもしれない。

そのためにも村田にはもっと不満を口にして欲しい。気運を高めるためにも。

 

ただ、GGGやカネロであれば問題にせずKOしていただろうなと思えるだけに、村田の限界もある程度見えてしまったのは残念だ。勝って知るのと負けて知るのでは今後の期待感が違い過ぎるだけに。。

 

移民のうた

先祖代々東京近郊に生まれ、そこで育った私としては地方のことはよくわからない。イメージとしては過疎化が進んでいる、産業がない、財政難、公務員はアホな施策ばかりを~ってな印象くらいか。格差格差と言われるけれども、正直ピンと来ない。

 

むしろ私としては、それならお前ら上京してくんなよ、ってな感じだからだ。

 

そりゃ若いもんが皆上京すれば過疎化も進むし、産業も衰退するでしょ。自分等で自分等の故郷をそうしておいて、格差が激しいから金よこせってのは虫が良すぎるんでねーの?

 

なにしろ、我々は地方移民によって色々大変なわけですよ。それこそ目の前の学校に進学するにも移民と戦わないといけないわけですよ。別に大して偏差値高い学校でもなきゃ特色もない、どこにでもあるレベルの学校に、地方から上京したいだけの理由で移民が押し寄せるわけですよ。こりゃたまったもんじゃないよね。連中はなにがあったら帰れる田舎がありますけれど、東京もんには無いわけです。夢破れて家業を継ぐどころか、夢破れた頃には定年迎えた親の世話と住宅ローンが待っていたりね。

 

我々の生活を邪魔するだけでなく、優遇までしろとはどんだけ図々しいんですがね。地方は。

 

 

 

 

こんな感じで書いてみたんですけど

 

日本国内の話でもこんな具合で書けてしまうわけで、これ海外からの移民が増えたらどーなんの?と思ったわけです。

 

個人的には、全く気にしないかな。上記内容もネタみたいなもんで、別に気にはしていないです。

 

ただ、現実問題地方出身者だって移民なわけで、移民が移民反対って言うのはどの面下げて言ってやがんだこの野郎、とは思いますね。

 

有害であればこそ、喫煙を推奨したいものです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170115-00010005-agora-soci

 

嫌煙家ほど嫌いなものはありません。なにしろ主張に理がないので。

 

喘息持ちの人には煙草は「たかが」では済まないそうですが、それなら普通の焼き鳥屋で生じる煙も同じことなのではないかと思います。従業員も煙の害を蒙るとありますが、喫煙者を招き入れているのは店側なわけで、害だと思うのであれば他の仕事をすれば良いだけのことです。職業選択の自由があるのですからね。

 

全面禁煙にすればイコールコンディションとのことですが、これも全面喫煙可にして嫌煙家は煙草が嫌なら外食をしなければ同様にイコールコンディションなので論破できてしまいます。煙が嫌なら嫌で結構。路上喫煙などはもっと罰則を厳しくするべきでしょう。歩き煙草など、愛煙家からしても危ないし迷惑ですからね。

でも飲食店となれば話は別です。全面禁煙店があっても良いとは思います。そこは営業側の自由なので。ただ、同様に喫煙可能な店もあって良いはずです。煙草が嫌ならその方々がそこに行かなければ良いだけなので。わざわざ来る必要がありません。店も利用者も納得している場に、嫌煙家のわがままを押し付けないでいただきたいものです。迷惑なので。

 

オリンピック云々から先は子どものわがままなので触れるまでもないですが、最近こうした輩が増えましたね。自己中心的なモンスタークレーマーが。自分は我慢したくないからお前が我慢しろ、というような。

 

この方を検索してみたら、随分とまぁ香ばしい方のようで、しかも50代。うん、まさにクレーマー層ですね。最近の50代以上は社会の癌になりつつあります。

 

私の職場に日々寄せられるクレームのほとんどは、50代以上です。女性の場合はもう10歳下がりますが、男性はほぼ50から60の間です。内容も、いわゆるいちゃもんの類でしかなく、対応に困ります。まさに上記内容のような、自己中心的な内容です。

 

煙草が本当に有害なのであれば、もうどんどん奨励して日本の平均寿命を引き下げていただきたいくらいです。冗談ですが。高齢化社会の問題点は、社会的に厄介な存在が人口の半数を占めてしまうという点にあります。会話が成立しない、理解力に乏しい層が消費者のほとんどになるわけですから、そりゃあ世の中景気も悪くなりますわな、と。